事情のある猫たち

 こちらに掲載の猫たちは、こちら肉球クラブで看取りを覚悟して預かっている猫たちです。 それぞれ病気や怪我、心の病などで里親募集はしていますが譲渡には時間がかかったりうまくいかない可能性もございます。


上記をご理解いただき里親さんになっていただけるという方は『お問い合わせ』よりお知らせ下さい。


猫たち紹介



  • みな事情のある猫たちなので希望されても譲渡に至らない可能性もあります。

 

bP-a

マリ

性別 生年月日 ワクチン 避妊去勢術
メス 2015年12月頃
コメント
FIP(猫伝染性腹膜炎)があります。

甘えん坊でお腹を触ってもらうと大変喜びます。
ご飯も沢山食べます。大変可愛い猫ちゃんです。

虐待経験があったり、トライアル先で体調を崩したりしたこともあり現在はメンバー宅でお世話をしています。

bQ-m

たける

性別 生年月日 ワクチン 避妊去勢術
オス 1〜2歳くらい(2017年4月掲載)
コメント

右前足が欠損しています。

足は悪いですが生活には全く問題ありません。

少し長毛の可愛い男の子。

まだ人慣れ修行中ですが、手を出したり噛みついたりはしません。


bR-m

チョビ

性別 生年月日 ワクチン 避妊去勢術
オス 5歳くらい(2016年12月掲載)
コメント

虐待で壁に投げつけられていたらしく、その後遺症で巨大結腸症になってしまいました。
普段は元気ですが、療養食を食べさせています。
便が詰まってしまった場合には外科的処置をほどこします。
ナナちゃんと兄弟


bS-m

ナナ

性別 生年月日 ワクチン 避妊去勢術
メス 5歳くらい(2016年12月掲載)
コメント

上記チョビ君と一緒に飼われていたため、虐待の影響でなかなか人を信用できずに人なれができていません。
チョビ君と離れると更に不安になるため、2匹一緒にいさせてあげたいです。
チョビ君と兄弟





inserted by FC2 system