Mission  こちら肉球クラブが「使命」と考えること


  飼い主のいない犬・猫達を一匹でも多く救い、人間側の都合だけではなく動物の立場に立ってその住環境や家族構成が合っているかどうかを見極めて命を引き継ぐ。

Vision  こちら肉球クラブが描く犬・猫のための理想の社会


  1. 保健所に保護される犬や猫達が少しでも減って、殺処分されることが全く無くなり、心無い人間による虐待や殺害などの被害がなくなることを願っています。

  2. 動物福祉の考えから、ともに共存する社会を目指します。私たちが保護した犬や猫が新しい家族の元、幸せな生涯が送れるように 里親さんを見つけること、その子の性格や年齢に合った家庭を見つけることを第一に考えていきます。

  3. 犬や猫が嫌いな人にもわかりやすい説明を心掛け、同じ地球に生きるものとして共存共栄することを理解してもらいます。


Policy  こちら肉球クラブが自らに課していること


  1. 犬も猫も同じ命、自分たちと何ら変わりのないということを常に考えています

  2. 保護された方や、お世話している方にも適切な対応を心がけその立場を尊重する

  3. 一刻も早いレスキューを心掛ける

  4. 保健所や、一般の方が保護している子達はどの子も同じと考えてできるだけ協力する


こちら肉球クラブの保護活動についての基本的な考え方


  猫の不妊化手術、完全室内飼い、脱走防止、年一回のワクチンや健康診断の徹底を呼び掛けます。多頭飼い・地域猫・外猫達・飼い主のいない本当の野猫達が一匹でもその数が減るようにと依頼されてくる方の状況を把握して対応します。
頭ごなしに、増やしたことを指摘するだけでなく、依頼者さんが少しでも気持ちが楽になって保護したり、里親を見つけたり、不妊化手術ができるように一人一人の生活スタイルに合ったアドバイスとお手伝いを心掛けています。
  知識のない方には丁寧に説明する事、その方の悩みに寄り添った対応こそ、不幸な猫を減らす最大の近道と考えています。不妊化手術の手順、里親募集への誘導、捕獲から譲渡までの流れを説明することでサポートが可能になります。
  当会としては最後までフォローする事を最大の役目と考えています。そのため、一時預かりさんへ連絡を取り保護できる体制をいつも整えておく事とします。


活動のきっかけと現在


  ある日市内の書店の主催で行った児玉小枝さんの写真展、保健所で殺処分をされる犬たちの生写真を見ました。怒りで思わずノートいっぱいに意見を書き綴ってしまいました。そしてブログを書くことで動物に関する問題を発信しようと考えました。
それが「こちら肉球クラブ」の最初の一歩です。
  そのあと地域猫の親子のお世話を毎日するようになってり、子猫たちをそれぞれ里親さんに貰ってもらい、母猫の避妊手術も済ませました。これが本格的のこうした活動を始めようとしたきっかけです。
それから、ボランティアとしてセンターに登録して、まずはそこから個人の団体としてスタート、本格的に活動をはじめる事となりました。

  まだこの時点では、ネットでの発信のみ、TNRも保護も何もしていませんでした。先輩方や他の団体のお手伝いをするにとどまり、まだまだ勉強の途中でもありました。
「日本にアニマルポリスを誕生させよう」に賛同していた私はその代表と密に連絡を取り合い、自民党の動物議連への働きかけや署名活動を行い何としても日本に動物専用の警察を配置してほしいと願ってきました。
そして、ブログを見て賛同してくださった方が一人、また一人と協力を申し出てくれて、会としてもだんだんと形が整ってきました。
  そんなある日、最初の依頼が飛び込んできました。多頭飼いの家の猫達の保護をして仔猫の里親を募集してほしいというものでした。捕獲や手術はほかの団体さんに協力をお願いして、保護した子は急遽紹介してもらった方に一時預かりさんになっていただき、里親募集はブログで発信しました。それを見た方が希望されてきて話はトントンと決り、めでたく初めての里親希望者さんへの譲渡となりました。
  この経験で譲渡会を開きたいとますます強い思いが高まり、前例がないとボランティアセンターに動いてもらい2012年11月3日に第一回譲渡会を無事開催することができました。
私たちの使命は、この譲渡会をきっかけに、飼い主のいない猫達に安心して住める環境と人の愛情(家族)をつなげるようにする事と考えています。虐待や遺棄、さらには病気や飢えで苦しむ子達が減り同じ地球の住民として共存して行けるような世の中にしていきたいと考えています。

  メンバーは今26名となりました。主婦や仕事を持つ普通の猫好きな方たちの集まりです。 気持ちは同じく、一匹でも不幸な猫を減らしたい、自分にできることで協力しながら、命のバトンタッチをしていきたいという思いから動いています。
またメンバー同士の助け合いもして、保護や、お世話、譲渡などへの協力もしています。メンバー内でのつながりリンクは大きな力となります。
一匹の猫が正式譲渡になるまでの流れの中で沢山の人間のこうした思いが込められているという事、アクション組も間接的な協力組も賛助会員もみんなでつなぐ命と考えています




inserted by FC2 system